気が付けば、みんないつもマットの上か吊られてる

アルパインクライミングとは違い、落ちてなんぼのボルダリングとリードクライミング。
気が付けばスポッターをなぎ倒しマットの上で倒れてた…ビレイヤーが下で浮いているなんてことも…
クライマーは墜落時どのくらいのスピードになっているんでしょうか?

もはや事故レベルの速度。
フォール時はとんでもないスピードになってる

クライマーのフォールは自由落下。体重が重かろうが、軽かろうがは速度は同じ、スピードは落ちる高さによって変わります。
全く意識しないフォール速度ですが、とんでもないスピードになっています。
60Kgのクライマーが5Mフォールしたとき、時速35Kmです。60Kgの肉が時速35Kmで降ってくる…もはや事故です。

落下距離(M) 落下速度(Km/h) 落下時間(s) 落下衝撃(j)
1 15.9 0.45 588
2 22.5 0.64 1176
3 27.7 0.78 1764
4 31.9 0.90 2352
5 35.7 1.00 2940
7.5 43.7 1.24 4410
10 50.4 1.43 5880
※1 ジュールは標準重力加速度の下でおよそ 102.0 グラム(小さなリンゴくらいの重さ)の物体を 1 メートル持ち上げる時の仕事に相当

スポッターは超反応が求められるという結果に

外岩でスポットすると言っても、誰から教わったわけもなく何となくしてるのが現状。
マット外に落ちてきた場合、1秒以下で対応しないといけない…これ、みんなまともに出来てる?
もう落ちるの前提で身構えるしかない…これはこれで応援と相反する思考でなんか気が悪い。

普通に考えると、落ちる前にマット移動させるとかしたほうが良い…落ちてきてから出来ることは少ないのかもしれません。

みんな気づいているのか?実はスポッターが危険すぎる

スポッターするならそれなりに覚悟も必要です。
フォール3Mぐらいから60Kg程度(男性なら)の塊が時速30Km以上で飛んできます…まさに人間バズーカです。
まともに受け止めると一緒に飛んでいきます。お互い怪我しないように、いなしましょう。

リードの手繰り落ちはもっとはやい…

ハイボルを除けば、ボルダリングで7.5メートル以上落ちるというのはないですが、リードの手繰り落ちなら十分あり得ます。
7.5Mで時速43.7Km…10Mで時速50.4Km…速度違反した原付レベルです。
これは、ロープで止まりますが、テラスとか岩角に当たったりすると大ダメージ大怪我です…
手繰り落ちは危険ですし、これは落ちる場所も選ばなければなりませんね(?)

一番落ちないのはトップロープ

結局真下に一番落ちないのはトップロープだったりします。 ピンピンにロープを張っておけば、数十センチ(ロープの伸び分)で済みます。 たまにロープ張りすぎて、振り子状態で岩に激突してる人もいますが…

クライミングフォール速度のまとめ

クライミングでの落下速度は3~4M程度の岩で20Kmは出ますので、マット外に落ちるとかなり危険です。 この記事を参考にマットの枚数など気を配って、怪我無いクライミングを。

記事関連商品Article Relative Item

CAMP(カンプ) ミニドゥ 5407800

CAMP(カンプ) ミニドゥ 5407800

49,155円(10/15 12:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

人気の記事

SHARE